• 歯周病を予防しよう

    歯周病の予防には歯磨きを行う

    トイプードルだけではないですが、犬がなってしまう病気の1つに「歯周病」があるのです。 犬の飼育方法として歯周病について覚えておきましょう。更に、トイプードルはとても歯石が付きやすいので、 歯周病になってしまいがちです。食事、おやつに食べたもののカスが歯に付いたまま放置すると、 のち石灰化になり歯石となってしまい中々取れないでしょう。

    そして歯石が蓄積されると口臭がきつなり、歯茎が悪化してしまったりします。 更に悪化すると、歯石に点いた細菌が血液の中に入り内臓に入り、重たい内蔵疾患になってしまい、 歯石を放置してはいけません。歯石がこびり付いた時は、無理やりとらず、獣医に頼みましょう。 無理に取ろうとして、歯茎を傷つけてしまっては更に大変なことになります。

    こういった歯のトラブルを裂けるため、子犬の頃から口の中に人の指を入れられても嫌がらないように慣れさせ、 スムーズに歯磨きができるようにして、「食事の後は歯磨きをする」と事を習慣づけなければなりません。 更に、柔らかいものを食べるばかりでは、噛む力が弱くなるので、おやつでも硬いものもあげましょう。 犬用のおもちゃは、噛んでいるうち、歯垢や歯石を減少することが可能な歯磨きおもちゃもあり、 こういったおもちゃを与えるのが効果的かもしれません。

    そして、乳歯が抜けないと、永久歯との間できた隙間に歯垢がたまるので、獣医さんに相談し、 乳歯を抜いてもらうと効果的です。こういったように、トイプードルの病気、飼育方法でわからないことがあったら、 獣医に相談してみるのが良いかもしれません。

    歯周病を予防しよう
メインコンテンツ

トイプードルにかかりやすい「椎間板ヘルニア」


トイプードルと生活するようになったら、きちんとした飼育方法やしつけ方を覚える必要があるのですが、 それのみでなく、トイプードルにある病気も知らなくてはいけません。ここは、「椎間板ヘルニア」に対して取り上げます。 椎間板ヘルニアは、人間に多い病気として知られているものです。トイプードルだと、運動不足で肥満になり、 激しい運動をすると、椎間板ヘルニアになってしまうのです。


椎間板ヘルニアは、頭部と胴体を支えるための、クッションとなり働く椎間板にダメージがかかると、そこがつぶれ、 中のゲル状の髄核が出た状況です。飛び出した髄核は、脊髄を圧迫してしまったりするので、 一時たったら麻痺など痛みがでるのです。 病気の症状は、歩く際足を引きずり、後ろ足がふらつき、失禁してしまいます。


軽度の段階では、背中の痛みが多く、少し触っただけでも痛がってしまいます。こういった症状が見られたら、 すぐ病院に連れていきましょう。早期発見と早期治療が完治に導かれ、愛犬のストレスも減少します。 椎間板ヘルニアにかかる根元は、運動不足からの肥満、激しい運動、骨の老化による椎間板の変形があるでしょう。 重症化したら、変形した部分の骨を手術で取り除くこと可能ですが、そうしたら、体が元気になるまでに時間が必要です。


トイプードルと日頃からスキンシップをとる時で、早期発見できるように気を付けて接してください。特に、 去勢手術や避妊手術を受けた時は太りやすいので、出来る限りの運動させ、食事に気を配るなどと言った、 トイプードルの健康を気遣った飼育方法が必要となります。