• 病気になりかねない誤飲を防ぐための対策の方法

    愛らしいトイプードルと良い関係を築き楽しく過ごすには、きちんとしつけて正しい飼い方をしないとダメです。 これから、犬の飼育方法として、絶対に覚えておいてほしい“誤飲”について紹介します。 トイプードルの行動する周りの中に、口したら危険なものは置かずに、落ちていないかいつもチェックが必要です。 そこで、日常生活にあるもので、飲み込むと危ないものを取り上げます。

    紙類やティッシュ。飲み込んだものが少量であれば排泄が可能なので、そこまで心配する必要はないですが、 大量の紙類を一気に食べた時は「腸閉塞」になってしまいます。タバコ。タバコを丸ごと食べたら危険ですが、 灰皿に入った吸い殻の水を飲んだら中毒を起こします。トイプードルの行動範囲に灰皿は置いたらダメです。 ビニール袋。食べ物に覆っておいたラップ、おいしそうな匂いがするので、間違って口に入れてしまう可能性があります。

    そうなったら、腸内に詰まり閉塞してしまう場合あるのです。たまねぎ、ネギ、チョコレート。こういったものを食べると犬は 中毒になります。ネギ類は赤血球を壊し酸素不足に陥らせ、チョコレートは嘔吐や不整脈、心不全といった重大な影響になります。 そして、小型犬のトイプードルは、少量を口にするだけで危険となります。 鶏の骨。加熱された鶏の骨は犬が噛んだら細く裂けて先がとがっていて、飲み込んだ時に、 胃腸や食道を傷つける危険性があります。

    なので、鶏の骨は犬に食べさせてはだめです。 トイプードルの飼育方法で、もしも、間違って食べた時の応急処置を知らなければなりません。 いつ何をどれほどの量飲み込んだか、ということ大切です。それは、吐かせて良いものと、 吐かせてはいけないものがあるのえす。吐かせては良いものは「小さくて丸いもの」で、吐かせてはいけないものは 「尖ったもの」となります。尖ったものを無理やり吐かせると、内臓に傷がついてしまいます。 小さなものを飲み込んだなら、高濃度の食塩水を少し飲ませれば、吐き出してくれうr場合もあります。 ですが、飲んで時間が経った時は、とても危険な状態で、すぐに獣医さんに診察してもらう必要があります。

    誤飲対策
    誤飲対策
メインコンテンツ

「流涙症」について


トイプードルにたくさんある病気についても、トイプードルの飼育方法として知って置くことが大切です。「流涙症」について書きます。 トイプードルに多い病気で1番多いのは、目の病気です。中でも、1番多いのが「流涙症(りゅうるいしょう)」で、 別の名前では「涙焼け」と呼ばれます。流涙症は、涙を流してくれる管がつまり、狭くなり、生じる病気です。 かゆみがあるので、掻くことにより粘膜炎を引き起こ起こすケースもあります。


常に涙が流れているので、流れた部分の毛が濡れて、毛が変色します。 更に、明るい毛色のトイプードルは、変色した部分が目立っていくでしょう。 更に、一度変色してしまったら、元の色に綺麗に戻りません。


トイプードルだったら、流涙症の根元は先天性遺伝がです。トイプードルは、他の犬種と比べ目の発達が遅いので、 目が完全に成長するまで2年くらいかかると言われています。なので、 その間に流涙症になったとしても成長に伴い治っていくケースがあるようです。


心配な症状がある際は、かかりつけの獣医に診察してもらうと安心でしょう。
獣医の指示に従い、こまめに涙を拭いたり、 処方された点眼をし、まぶたの洗浄をし、改善されることもあ ります。 ですが、拭きすぎるといったことは、皮膚炎を併発する時もあるので、注意が必要でしょう。 トイ プードルの飼育方法として、愛犬に苦しい思いをさせないように、病気についてよく理解が必要です。ペットは 話すことができませんので、飼い主が注意深く観察する必要があるので普段と少しでも違う部分があれば メモしておいて変化を管理しておきましょう。

「流涙症」について