• トイプードルもリラックスする毛繕いとグルーミングの方法

    トイプードルの繕いとグルーミングの方法について、飼い方として知っておかなければなりません。 トイプードルの毛は強い巻き毛で、きちんと手入れしければなりません。ブラッシングはこまめにしましょう。 シャワーは、頻繁にしなくて良いです。実際、犬は体表から汗が出ないので、 頻繁にシャワーをしたら、必要な皮脂を取り去り、皮膚疾患を起こし病原菌が入ってしまいます。

    なので通常のお手入れは、蒸しタオルで汚れを落とし、きちんとブラッシングして行けば十分です。 シャンプーは、脂でベトベトして気になり、臭いが強くなったりしたらシャワーしてあげましょう。 トイプードルの毛の特徴とし、換毛せずにモコモコの被毛がひたすら伸びて行きます。 なので、トイプードルの毛は定期的にカットしなければならないのです。

    ですが、トイプードルは換毛がないので、体温の調節が下手です。夏場に長い被毛の状態なら、 トイプードルは暑くて苦しい思いをして、冬に短くカットしてしまうと凍えます。なので、秋から冬の間に伸ばし、 夏に近づいたら短くカットしなければなりません。爪切りは、頻繁にしなくていいです。 犬の爪は血管が先の方まで走っていて、間違って血管を切ると、すごい勢いで出血し大惨事になります。

    生活習慣が定まってきたら、かかりつけの獣医にアドバイスを貰えば更に安心でしょう。 散歩の後は、ダニやゴミなどが付いていないか体をチェックしなければなりません。小柄なトイプードルは地面から近く、 異物が付着しやすいです。草むらに侵入したり草に触れた時は、ダニがついてしまうので注意が必要です。 トイプードルの飼育方法で不安なことがあるなら、獣医に相談しなければなりません。

    トイプードルの毛繕いとグルーミングの仕方
    トイプードルの毛繕いとグルーミングの仕方
メインコンテンツ

シャンプーの仕方


トイプードルの毛はクルクルとしているので、どのようにシャンプーの方法を方もいると思います。 そこで、トイプードルの飼育方法として、シャンプーの仕方を紹介してします。 シャンプーは犬用のものが売られていますが、その種類は色々です。室内犬専用のシャンプーや子犬用のシャンプーでは、 色々な使い方により選択が可能になっています。


シャンプーは、生後60日までしなくていいです。この頃は、蒸しタオルなどで優しく拭く事で解決するでしょう。 最初のシャンプーは、ワクチン接種が済んだ後が好ましいでしょう。 シャンプーの目的は、汚れを落とすのみでなく、ダニやノミ、寄生虫などを駆除するので、 頻度としては1ヶ月に2ほど洗いましょう。


そして、あまり頻繁にシャンプーしてしまったら、皮膚にダメージを与えるので、洗いすぎないようにしましょう。 トイプードルにシャンプーする時に気を付けてほしいのは、毛が絡んでしまうので、 シャンプーをする前にブラッシングし、毛がもつれないようにしなくてはいけません。 更に、ドライヤーやタオルの準備をしシャンプーを開始してください。


目や鼻に入らない、シャワーヘッドをトイプードルから離さないよう、湯をゆっくり頭の方からかけ、 体全体を濡らしましょう。シャンプーはそのまま使わずに、湯で薄めて全体にかけたのち、 優しく指の腹でマッサージしながら洗って下さい。 シャンプーを残らず洗い流したのち、リンスを同様にしてください。リンスを洗い終わ ったら、先に水分を手で絞ったあとで、 タオルを使用し体を覆うように拭きとってください。多少水分が残っているうちにグル ーミング用のスプレーをし、 ブラシで溶かしながら低温ドライヤーで乾かしていきます。 ここまでの作業で結構時間がかかってしまいます。慣れるまでは1時間以上かかってしまうこともあります。時間を節約するのであれば、 ペットショップなどに任せるとよいでしょう。