• ハウスのしつけ方

    休む場所となるハウスのしつけ方法

    トイプードルと楽しく過生活するために、きちんとした飼い方やしつけ方を覚えなくてはなりません。 ここで、ハウスのしつけ方について書いていきます。ハウスのしつけはとても大事で、留守番中に部屋でのいたずらを裂けるため、 お客さんが来た時に静かにさせておく時にとても重要です。 室内犬用のハウスは、トイプードルが来た時から「休む場所」とし、認識させ使ってください。

    そのため、最初はトイプードルで、ここが“居心地の良い場所”だと理解させる必要があるでしょう。 そして大事なことは、ハウスを選ぶ時に、サイズがトイプードルの体の大きさに合ったものを買わなければなりません。 ハウスが体に対して広ければ、トイプードルが不安となり、ハウスを嫌いになってしまいます。ハウスに慣れるまで、 お気に入りのおもちゃをハウスの中に入れ、「ハウス=楽しい場所」だと理解させることが大事となります。

    ハウスから出す際は、静かに落ち着いている時にしなければなりません。吠えていたり暴れていたりする時にハウスから出せば、 吠えればいつでも出してもらえると感じてしまいます。静かにしている時に出せば、だんだんに 「ハウスは静かにするところ」と認識していき、ハウスにいる時はリラックスするようになります。 ハウスのしつけは、トイプードルに注目させ「ハウス」と声をかけ、ハウスの中に入るように誘導しなければなりません。

    最初のうちは声をかけるのみではうまくいかないので、おやつなどを使用して気を引く必要があります。ハウスに入るまで誘導し、 上手にできたら、おやつを与えほめてあげましょう。そして、始めはハウスから近い所から始め、 徐々に距離を長くします。徐々に慣れてたら、「ハウス」と突然言って、ハウスへ入れる練習をするのも効果的です。 トイプードルの飼い方やしつけがうまくいかない時は、どのようなことでも継続することが大切となります。

    ハウスのしつけ方
メインコンテンツ

多頭飼いの飼い方


トイプードルを2頭以上の多頭飼いをする時の飼育方法やしつけ方を書いていきます。 トイプードルを2頭以上飼育するときは、1頭飼うのとは異なった飼育方法やしつけはどういったことがあるのでしょう? 愛らしいトイプードルをもう1匹飼いたい、と思っている人はたくさんいるでしょう。 更に、お留守番ばかりさせると、もう1匹いてくれれば寂しさが少しでも和らぐのではと思い他の子の購入を 考える人もいるでしょう。


ですが、他にも犬を飼育するとなると、来た子に気持ちが少し移り、本来いた犬がやきもちをやきストレスが蓄積し、 寂しい思いをさせたら可哀想と飼うのをためらう人もいるはずです。 ですが、多頭飼育を考えている人は、多頭飼いをする時の注意点を覚えておいてください。


最初に、飼育方法やしつけ方について心配な所ですが、やっぱり、犬は縦社会を築く生き物で、 “上下関係”をはっきりと作ってあげなければならないのです。例を挙げれば、食事の時はフードを与える順番に気を付けなくてはいけません。 更に、オス同士の場合は、注意しましょう。飼い主が気を付けても、ケンカになることもあると思います。、


喧嘩したら強い犬だけを叱ると、留守番中など飼い主が見ていない時、弱い 方をいじめてしまいます。 なので、ケンカの原因が強い方であっても、目の前で叱るの は弱い方にし、強い犬がいない時に弱い方を慰めましょう。 そういった多頭飼いの飼育方法は 、トイプードルに限らず、他の犬種でも同様の注意が大切です。人間のしつけと同じように、愛情をこめて 行いましょう。主従関係をしっかり守って、しつけるときと甘えさせる時を判断させましょう。

多頭飼いの飼い方