• トイプードルの散歩のポイント

    トイプードルとの信頼関係を築くお散歩

    トイプードルとのきちんとした関係を築くため、しつけ、飼育方法を把握しておく必要があるのです。 その中で、上手に散歩が可能となるポイントを書いていきます。 散歩をするには、愛犬と飼い主が家で、できない体験をするかなり大事な時間となるのです。 ですが、正しい散歩の方法を把握してないと、しつけが上手にできません。

    更に、とても愛らしいトイプードルは、甘やかした飼い方をしてしまう飼い主が多く、外出を嫌がり、 スムーズな散歩ができない犬種だと知られています。 散歩中の飼い主と犬を見たら、両者の主従関係がどこまでなっているか判断が可能なほど、 散歩は両者の関係を表す鏡なのです。

    最初の散歩は、予防接種ワクチンの2回目が終わり2から3週間すぎたくらいがちょうどいいでしょう。 ですが、付けたことのないリード、首輪をいきなりつけても、驚いてあまり歩けない犬もいるのです。 首輪を付ける際に気を付けてほしいのは、犬の首と首輪の間に人差し指1本入るほどの余裕が大切です。 きつすぎたら苦しくて窒息し、ゆるすぎると首輪が抜けます。特に、 子犬の時は体が毎日大きくなるので、首輪がきつくないか3日に1回はチェックが必要です。

    首輪に慣れたら、最初は庭先などに連れて行きましょう。犬の目線に合うようにかがんで、 「おいで!」と優しく言って誘導します。始めは、おやつを与えながらの誘導もよいです。 外の世界を把握したら、だんだん自分から出るようになり、「散歩は飼い主との楽しみ」と思うようになります。 なので、リードを引っ張って、無理やり歩かせようとしては絶対にダメです。最初は、 犬の行きたいようにしてよいので、最初は外の世界の楽しさを把握させましょう。

    トイプードルの散歩のポイント
メインコンテンツ

「リーダーウォーク」の方法


愛犬のトイプードルと快適生活をするには、きちんとした飼育方法を知らなければいけません。 散歩で知っておいてほしいことがあり、ここは、散歩の時の“リーダーウォーク”について書いていきます。 「リーダーウォーク」は、犬にとってのリーダーの飼い主に従った散歩です。散歩の時に犬が先に歩いたり、 犬の気分で止まったりするのは、犬が飼い主に服従してない証拠となります。


更に、小柄のトイプードルが好き勝手にしてしまうと、大きい犬とトラブルになり大ケガをしたり、 道行く人に迷惑をかけてしまいます。散歩の時、リーダーウォークをすることにより、 こういったトラブルを防ぐことが可能となります。更に同様に、生活面で主従関係が築ける飼育方法です。 リーダーウォークで大事なことは、「人間が犬の行動を制限する」が大切となります。


犬が先に立って勝手にあることしたとき、立ち止り先へ行けないようにしなければなりません。 更に、犬が曲がろうとしたらその逆に曲りましょう。これは、行先を決める権限は、 最低でも飼い主にあるということを犬に学習させる大切なことです。 更に、リーダーウォークで行動を制限する際は、犬と目を合わせてたらダメです。人間の力で抑制していると認識すると、 人間が怖いと思って不信感を抱いてしまいます。


これをする上で注意が必要となるのは、犬の行動を力で、強引に引っ張ってはダメです。そのようにしては、 飼い主への不信感が強くなり、反発を起こしてしまいます。行動を制限するのは、 犬が勝手に行動できないよう動きを止める、というのみです。こういったリーダーウォークを繰り返し続ければ、 犬の態度も日々変化するのがわかるでしょう。犬も「この人間についていかなければならない」 と学習します。 同様に、散歩の際に飼い主の目を見て歩くことにも繋がります。飼い主が飼い主であるということをしっかりわからせるのにも 役に立ちます。気付かないうちに飼い主が下に見られないようにすることも大事です。いくらかわいくても自分が上だという事をしっかりわからせないと 後々の飼育にも悪い影響がでてしまうのです。他人に迷惑をかけて叱っても言う事をきかないトイプードルは飼い主が下に見られているのです。

「リーダーウォーク」の方法