• トイプードルは賢いのでお座りをすぐに覚える

    トイプードルに、お座りを簡単に教える方法を書いていきます。 大体のワンちゃんが可能となると思いますが、お座りを今からしつける人は、 参考にしてください。トイプードルにお座りを覚えさせるのは、そこまで困難ではないでしょう。 理由は、プードルはかなり頭の良い犬種で、覚えもきっと早いと思います。

    お座りのしつけ方の前に、飼い方に覚えて欲しいことは、「犬は言葉がわからない。」という事です。 こういったことは当然ですが、「お座り!どうして分からないの!!」と言葉で叱ってしまう飼い主もいます。 どれほど頭が良くても、これではお座りは不可能です。言葉が分からないので、「お座りはこういう動作だよ」という しつけ方が大事になります。さて、トイプードルが簡単に学習するお座りのしつけ方を書いていきます。

    最初、お座りの簡単なしつけ方とは、“おやつ”を使用します。 トイプードルがおやつに気付いていなければ、おやつの匂いをかがせましょう。 次におやつを持っている手をトイプードルの頭の上へ持っていきますが、この時、 トイプードルが立ち上がらないようにして下さい。もう1人いれば効率よくできると思います。 こういったようにすれば、お座りの体勢になると思います。

    更に、お座りの体勢になったら、すぐ「お座り」と言うことが大切です。更に、お座りができたことをすぐに誉めて おやつを食べさせてください。繰り返すことにより、動作とお座りが連結し、分かってきます。 更に、「お座り」と言ったのち、座らせるようにすれば、お座りを習得します。 トイプードルの飼い方で覚えておいてほしいのは、言葉が理解できないので、動作と結びつけ教え、出来たら褒めることです。

    お座りをしつける方法
メインコンテンツ

褒め方と叱り方


トイプードルの飼育方法を知る上で、きちんとした褒め方と叱り方も覚えておかなければなりません。では、 褒め方と叱り方のきちんとした方法を書いていきます。トイプードルをしつける際に1番大事なことは、リーダーは飼い主であり 主導権を握っていることをきちんと理解させなければなりません。なので、きちんと褒めたり叱ったりすることが大切となります。


最初に褒める時の事ですが、言葉で褒めるのみでなく、顔の表情をきちんと変化させたり、体全体で表現したり、 大げさなほどの態度で褒めましょう。 犬は、人間の動きや顔の表情を観察しているので、言葉で適当に褒めるのみでは、犬には褒められたとカウントされないでしょう。


体をさすり頭をなでたり、全て態度で気持ちをあらわさなくてはなりません。 反対に叱る際には、かわいそうな気もしますが、心を鬼にする気持ちで、絶対に甘やかしたりしないで、 威厳をもち叱ることが必要となります。叱るタイミングは、悪いことをしている最中に叱るか、悪いことをした直後に言いましょう。


叱り方ですが、普段の声より少し低めにし、「コラッ!」「ダメ!」といった短い言葉で強めに言いましょう。 高い声で叫んだり、だらだらと叱ったり、暴力をふるうと、逆効果となってしまいます。 どちらにしても、覚えておいてほしいのは、叱る時、褒める時、家族で同様の言葉を使用する飼い方が大事です。 そして、飼い主のその時の気分により、叱る時と叱らない時があってはダメです。可愛いトイプードルを叱るのは心苦しいかもしれませんが、それが飼い主のあなたと トイプードルのためなのです。人間の子供をいつも甘やかさないのと同じなのです。めりはりをしっかりつけましょう。子供よりもメリハリが必要になるのが、 トイプードルなのです。

褒め方と叱り方