• トイプードルの吠え癖のしつけ方

    トイプードル特有の吠え癖をしつける

    トイプードルとの良い関係を維持するため、飼い方として知って置くことが山のようにあります。 そのうち、吠え癖について紹介します。最初に、トイプードルが吠える根元は、分けると2つです。 1つは、犬の本質の警戒心と威嚇による吠えで、知らない人や犬に対し吠える時です。 もう1つは、「要求吠え」ですが、こういったものは、ワガママであって主従関係が成り立っていないとも考えられます。

    主従関係がきちんと成り立っていれば、飼い主の指示に従って吠えるのをすぐさまやめます。 更に、吠えるたんび教えることを繰り返していればやめるでしょう。 そして、積極的に人や他の犬に慣れさせ、経験を積めば、怖がらなくても良いと感じ吠えなくなります。主従関係が築かれれば、 トイプードルの口を手でそっと閉じ「ダメ!」と使えることを繰り返せば吠えるのをやめます。それが可能となれば、褒めましょう。

    トイプードルが全然学習してくれない時は、飼い主に服従していないと考えられます。飼い主に何か注意されても、 「自分には関係ない」と感じてしまいます。更に、主従関係が築かれた場合、すぐに可能となるわけではないので、 何回も実際に経験し根気よくしつけなければなりません。

    要求吠えをやめさせるしつけは、体現にり教えるのですが、主従関係が築かれてなければうまく出来ないでしょう。 更に、吠え癖のしつけの方法とし道具を使用する人がいますが、こう言った行為は根本的に吠える根元の解決にはなりません。 トイプードルにストレスを与えるし、1番重要な主従関係を崩壊させます。吠え癖のしつけのみではないので、 しつける上で忘れてはダメなのが、根気よく時間をかけ良好な関係を築く飼育方法が大切となります。

    トイプードルの吠え癖のしつけ方
メインコンテンツ

噛み癖のしつけ方


トイプードルの飼育方法をよく知らないと、飼い主とトイプードルの信頼関係が成り立ちません。 飼い方としつけ方の知識の1つとし、噛み癖に大したしつけ方を書いていきます。 甘噛みは、歯の生え変わる時期に歯がかゆいとイメージする飼い主もいますが、それは間違っています。 甘噛みは、ただ兄弟同士で遊んでいるのみのケースもありますが、噛むことにとり相手の反応を確認をしているのです。


子犬の甘噛みで、親犬は毅然とした態度で叱るのです。兄弟ゲンカを通し、やっても良いこととやっては、 いけないことを学習するのです。 ですが、ペットショップは、親や兄弟と一緒に過ごして最低限の社会のルールを身につけていく時期に引き離すのです。 あなたのところへやって来た時期は、何もわからない状況で、情緒不安定になっています。


なので、飼い主が親犬の変わりをして、きちんとした飼育方法の知識をもち、子犬に1つ1つ学習させる必要があります。 更に、親犬がするように毅然とした態度で根気よくしつけをしなければいけません。 トイプードルを甘やかすと、トイプードルは自分の方が強いと感じていき、本気でかみついてしまいます。 トイプードルの噛み癖は、きちんとしつけなければなりません。


噛んだら仰向けにし目をよく見てダメだということを伝えたり、口を手で軽く閉じたりすると、 犬は噛むことが出来ないので、そこで褒めてあげましょう。そして噛み付いてきたら、同様にしてダメと叱ります。 噛んだら教え、できたら褒める、これを繰り返せば、飼い主のいうことを聞いて噛まなくなります。 そういったように何度も体現させ、リーダーは飼い主だということを態度で教えるのです。 飼い主が甘い顔をみせてしまうと、トイプードルが自分が飼い主だと勘違いをし、言う事を聞かなくなることがよくあります。 飼い主が自分が主人であると思っていても、実はペットが自分が飼い主だと思い込んでいることも多いのです。

噛み癖のしつけ方