• トイプードルはプードルの歴史上性能が高い犬種

    プードルの歴史と種類について、紹介していきます。プードルは、古い時代から、歴史が深い犬種であります。 その歴史というのは不明となっていて、ギリシャ、モロッコ、ロシア、ポルトガルに生息していたという推測しかないので、 最後にドイツ、フランスにわたっていき、フランスで人気を博したことをふまえて、フランスで生まれたといわれるようになりました。

    種類には、スマッシュ ゴールデンレトリバー マグカップ、プードルの体の大きさであらわすなら、 スタンダード、ミニチュア、トイプードルの3種類に、分けられているようです。スタンダードプードルは、 実際、鳥猟犬として、飼われていたのです。泳ぎが上手で、水鳥猟であると、回収犬となりとても、 多くの活躍を見せたでしょう。

    さて、プードルの歴史と種類についてですが、ミニチュアやトイプードルの大きさは、フランス、イギリスで、 大きさを小さくする事に熱心を持ったブリーダーが、スタンダードプードルを小さくしたものです。ミニチュアプードルは とても優秀な嗅覚で、フランスではトリュフ狩りで有名です。トイプードルは、沢山の芸をもち、才能が豊富なところが 魅力となるでしょう。

    理解する力が、とても優れている、トイプードルは、トレーニング性能とても高く、サーカス団の大切なメンバーとして、 飼育されるケースも多い。更に、テーカップトイプードルは、アメリカで出身で、書いた文字の如く、 テーカップにおさまる大きさの小さな犬とのことの種類の名前となっているのです。このように、ひとくくりにトイプードルと いっても様々な種類があるのです。

    歴史
メインコンテンツ

ティーカッププードル


現在、アメリカでの、テーカップトイプードルは、うまれて1年がたった状態で体高が9インチ、 重さは4ポンド、日本での単位で表すなら、23cm、1.8kgていどくらいの大きさと重さだと、言えます。 日本では、成犬になったときの大きさが、25cm、2kg以下だと、発表されているのです。 これほどのサイズのものをティーカッププードルと言います。


ティーカッププードルは、アメリカで品種改良された小型のプードルです。 ティーカッププードルといっても、いつまでも小さいと思いますが、事実は異なるのです。 なので、大人になってもティーカップに入る大きさでおさまる訳では、ないです。 プードルの中で1番小さい犬種であって、成犬になればそれなりの大きさに成長します。


取り違えてしまわないよう理解が必要ですね。ティーカッププードルは、生後2~3ヶ月の幼少 時にカップに収まる、 小さなプードルという意、大きさを指します。味となります。成犬 はカップには入らないので、誤解しないようにしてください。 ティ ーカッププードルは、アメリカで品種改良され小型化されたプードルの事なのです。 犬種じゃないのです。このことは多くの人が知らないことだったりします。通常の プードルと勘違いして買ってしまう人も多いくらいなのです。

ティーカッププードル