• トイプードルの五感

    五感が鋭いトイプードル

    ここでは、トイプードルの五感について紹介していきます。 トイプードルを、含め犬は、人間同様に、視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚の五感があります。 人間は、視覚の役割が80%以上ですが、犬は、かぐことや聴くことで、通常より多くの、情報を集めている。 割合的にいうなら、嗅覚40%、聴覚30%、視覚20%、その他10%となっているようです。

    視覚というのは、犬は、近眼で物を見分ける能力は低いですが、その分動くものを見る動体視力が、とても特価されています。 動くものならば、人間の目では見えなかった問でも、とても遠くの距離から、発見が可能となっています。 そこまで視力があるので、犬は散歩などに行っていたら、遠くから人や犬がくるのを、素早く発見するのです。

    更に、犬は明るい場所で物を、観察するのが苦手となっていて、赤い色の見分けがあまりつかないと発表されています。 ですが、暗い場所となれば、少しの光であっても、感じることが可能となっています。 嗅覚ですが、能力は人間のおよそ100万倍となっています。 においを伝達する嗅細胞の数は、人間が約500万個ほどなので、犬は2億個以上となっているのです。

    嗅覚についてですが、犬の耳は、人間に聞こえない周波数であっても、聞くこと可能となっています。 人間の周波数(16~2万ヘルツ)で、犬の周波数は(80~4万ヘルツ)です。人間よりも、とても優れているのが目に見えて わかりますよね。高い音や、小さな音を、聞き分けることが可能なので、人間の約2倍、高い音を聞き分けてしまうという、 実験も行われた事例があります。

    トイプードルの五感
メインコンテンツ

プードルの性格


トイプードルの性格について、書いていきます。トイプードルの性格は、とても友好的で人間が、好きな甘えん坊。 愛嬌たっぷりで、うれしいの表現は大人になっても変化しません。子供も相性が良いので家に子供がいた時 仲良く遊んでくれるケースが多いでしょう。トイプードルは、他の犬とも友好的で、散歩をしても吠えることはないでしょう。


知能指数とうのは、有名なボーダーコリーの次といわれていて、とても学習能力も高く、頭がいいので、 サーカスといった場所でも活動しているのです。例を挙げれば、トイプードルがサークルに入っている場合、 自分でロックを手で、押し上げサークルから脱出したり、お菓子を取るため、色々な手段を考えたりすることが可能な、 実に賢い犬であることがわかります。


そして、人間と同様、トイプードルの中でも性格が異なるので、甘え方もそれぞれで、個性もあります。 子供と遊ぶのが好きな子もいたり、一人遊びが上手な子もいます。 性格や個性は小さいころ、育っ たブリーダーの環境が影響するので、 その環境の中でどれほど愛情を掛けられ大事にされたか で、人間への接し方が異なってくるでしょう。このようにプードルは本当に性格の違いが人間のように わかる犬の種類でもあるのです。そう考えると、トイプードルの性格などを見ると、自分のしつけが 合っているのかなどもわかりやすいですよね。