• 他の人のことも考えたマナーを守る

    トイプードルを飼育している人は、愛犬が可愛いと感じる人が多いでしょうが、 世の中の人がみんな犬好きなわけではないのです。犬が苦手な人や怖い人、犬アレルギーの人、 外へ出れば、いろんな人がいます。きちんとマナーを守り、節度のある飼育方法を心がけ、 トイプードルとの快適な暮らしをエンジョイしましょう。では、トイプードルを飼う上で、最低限のマナーを書きます。

    公園は、小さい子供、お年寄り、色々な人が使う場所です。 なので、犬を放すことが許される公園はほぼないでしょう。リードをはずし自由になり、うれしくなった犬は、 しっかりしつけられた犬でだとしても、どのような行動をとるか予想が出来ないです。更に、 リードを長くするのも危険なともなうので、周りをよく確認しましょう。思いっきり走らせたいならば、 ドッグランへつれていきましょう。昔と違って公園などでリードを話して思いきり犬を走らせることは できない時代ですので、ドッグランなどを活用するのが一番良いです。

    知り合いの家をトイプードルも一緒に訪ねる時は、先方が入室を許可して貰うまで玄関で待ちましょう。 室内犬でも他人の家に勝手に入れてはダメです。そして、犬同伴で利用できる飲食店やホテルでも、長時間飼い主の足元に静かに 座っていられるしつけられた犬の来店のほうがいいです。 日本は、犬を同伴できる場所があまりないです。飼い主がマナーをきちんと 守った飼い方が増えれば、愛犬が同伴できる施設などが多く設立されていくと思います。

    飼い主は気にしないかもしれませんが、近所は犬の臭いと吠え声はとても迷惑です。 更に、マンションや集合住宅などは、臭いが問題になります。トラブルを起こさないためにも、 犬のトイレは臭いが周りに届かないところに置き、いつも清潔な状態にしましょう。そして、 玄関先に犬のハウスを置いたり、家の門の内側に話すと、犬の苦手な人な人はかなり怖くて入れません。

    マナーを守りましょう
    マナーを守りましょう
メインコンテンツ

夏場の温度管理


トイプードルの夏場の飼育方法として、温度管理に対して書いていきます。夏の昼間、留守番をさせる時は、 エアコンをぜったい付けましょう。冬は家の中で留守番なら心配はないですが、夏の飼育方法は全然異なります。 飼い主が外出するのは、窓は全部閉め切った状態です。そういった状態だったら、家中の温度はどんどん上がっていき、 40℃を超えるでしょう。なので、夏の温度管理は犬の飼育方法として大切で、愛犬の健康をきちんと守らなければいけません。


ですが、エアコンを付けっ放しにしたら電気代がかかってしまうと思う人は、ワンちゃん用冷却マットなどを購入し、 すぐに体を冷やせる状態にし、暑さを和らげる必要があります。 更に、トイプードルが快適に過ごすため、グッズをあげていきます。アイリスオーヤマの「アイスジェルキューブ」は、 クッション部分のジェルと保冷剤の両方の冷却効果により、キューブ全てをひんやり冷やしてワンちゃんを冷まします。


クッションカバーと両方に保冷材を入れるポケットがあります。SサイズとLサイズが販売されてますが、トイプードルは Sサイズで良いのではないでしょうか。ドギーマンハヤシの「2WAY エコクーラー」は、吸熱剤を使っていて、 冷凍や冷蔵するタイプの保冷剤とは異なった冷たさで、健康を考えた気持ちいいひんやり感です。


冷たさが裏と表で選べる2WAYタイプのものです。とても暑い日は吸熱剤とアルミ面できちんとひんやり感を加えます。 少し暑い日は吸熱剤と不織布面の優しい冷たさで快適に過ごせるようにします。 こういったように、留守番がトイプードルが暑い夏の部屋で脱水症状を起こさないために、温度管理は 絶対にしなければなりません。お仕事で家にいない時間が多いご家庭ではクーラーなどを一定の時間ごとにつける などの対策を行いましょう。少し温度を高めにしてずっとつけておくのもよいです。

夏場の温度管理