• 子犬のトイプードルの食事

    トイプードルの小犬はバランスが大切

    トイプードルの飼育方法ですが、産まれて2ヶ月から6ヶ月の子犬の“食事”に対して書いていきます。 通常、トイプードルを飼うのはペットショップですが、大体のお店では、 今まで子犬が食べていたドッグフードと同様の種類のものを2から3日分頂けます。子犬はかなりデリケートなので、 環境変化にとても敏感に反応するので、食事もお店で食べてきたものと同様にしなければなりません。

    更に、ドライフードであっても、今までと同様の物をショップで買ってください。子犬は消化器官が成長してないので、 ドライフードを適量の湯でふやかして、ドッグミルクを混合してください。 1日3回から4回で子犬にあげてください。柔らかい食事をあげるといっても、缶詰に入った生肉タイプの ドッグフードは子犬には良くないでしょう。

    子犬用に作成されたドライフードは栄養バランスが正しいものなので、賞味期限も長いしリーズナブルです。いきなり缶詰をあげると、 一生ドライフードを食べず、栄養バランスが失われ、アレルギーが出るケースもあるのです。 このころ子犬は小さくても正しく成長しているので、フードの量も日々増やす必要があります。 増やす量の目安は、ウンチの硬さから判断します。ウンチを手でつまみ、柔らかくつかめない時は、 ご飯が多いということです。

    逆に、ウンチが硬くてコロコロとしている時は、ご飯が少ないということになります。 目安は、ウンチがつながっているときです。更に、人間の残飯ややおやつを食べさせる飼い主がいますが、 これは間違った買い方です。これは、トイプードルを不健康に導いてしまうし、 しつけ方法としても異なります。繰り返せばと好き嫌いとなり、主従関係が変になります。

    子犬のトイプードルの食事
メインコンテンツ

トイプードルの食事


産まれて6ヶ月から7歳くらいまでのトイプードルの飼育方法として、食事を知らなくてはいけません。 この頃は、消化器官も成長します。なので、子犬の頃と同様柔らかい食事のままでいたら、 あご、歯の発達などに支障が出るので、ドライフードはふやかさず、食べさせることが可能となります。 そして、子犬の時は食事を数回に変えますが、回数も減らしいき、1回の食事の量を少しずつ増やします。


更に、最終的には1日1回から2回にしなければ、いけません。ですが、突然変えれば、ふやかすため湯の量を少しずつ変えて、 最後にはドライフードをそのままあげるのです。ドッグミルクも卒業となるでしょう。 子犬は、お腹がポッコリとしていても問題ないので良いですが、1歳を過ぎると少し減量が必要です。


犬を上から見たて、お腹の幅が胸の幅よりも出ていたら太りすぎとなります。その時は、フードの量を減らしてください。 理想の体型は、上から見てお腹が見えないほどです。ですが、やせさせようと無理に運動させないようにしましょう。 太った時は、散歩を1日30分から1時間にするか、自由に体を動かせば良いのです。激しい運動は、 犬にとってとてもストレスになってしまいます。


更に、人間の食べ物をあげるのは、健康面でダメージを与え、しつけにも影響が出てしまいます。 犬にも生後半年から1歳の間に反抗期がくるのです。その時にしつけ方が出来ないと、問題行動が見られ、 きちんと食事をしなくなります。8歳を過ぎたトイプードルは、成犬期と同様の食事ではダメです。 カロリーの取り過ぎにならないように、フードは老犬用を購入しましょう。歯が抜けてきたり、体が弱ってきたりしたら、 食べやすいように お湯でふやかして与えましょう。きちんとした飼い方を守り、大事に飼育してください。 人間でも体が弱っているときはおかゆにしますよね。トイプードルも同じく身体や歯が弱っているのであれば、 それに合わせたエサのあげかたが大事になるのです。