• トイプードルの妊娠と出産について

    トイプードルの妊娠する時期と出産の方法

    愛犬のトイプードルに出産させたい、という時は、妊娠と出産に関することも覚えておく必要があります。 最初に分かってもらいたいのは、犬の性周期の仕組みとなりますが、発情の時期についてトイプードルの飼育方法として 覚えておかなければなりません。 トイプードルのメスが発情するのは、1年に1から2回ほどとなっています。最初の発情期を迎えるのは生後8から10ヶ月頃で、 そのあとは、発情を約6ヶ月周期で繰り返すでしょう。

    メスの生理は発情前期に始まり、外陰部が腫れ出血があります。出血は10から14日で停止し、陰部を自分で舐めます。 犬により、排尿の回数が多くなり、ソワソワと落ち着きがなくなるケースもあります。 のち、排卵が起こります。時期は、お尻に少し触れたらシッポを上げ、オスを受け入れる態勢をとるでしょう。 妊娠する時に1番良い時期となのは、出血して12から14日程度のようです。更に、受精した時、 出産は妊娠期間の約62から63日後となっています。

    出産後は、発情休止期が3から4ヶ月間で、その期間に次の発情の用意をします。そして、オスのだとしたら、 生後11ヶ月頃に成熟が完成するので、その頃から交尾が出来るようになります。 メスは妊娠したら、人間同様に、乳房全体がふくらみ、落ち着きを失ったり、好物が変化する犬もいます。

    妊娠が分かれば、妊娠中の飼育方法として日常生活のケアとサポートが必要です。 更に、出産間近になれば、穴を掘り生み場所を作るしぐさをするので、そういった仕草があったら、 いつでも出産が出来るように準備をしなければなりません。

    トイプードルの妊娠と出産について
メインコンテンツ

避妊と去勢手術について


トイプードルの飼育方法で知っておいて欲しいことの1つとし、避妊と去勢手術について、書いていきます トイプードルが妊娠したら困るという時、メスは避妊手術、オスは去勢手術を受けることが可能です。 こういった手術を受けれるのは、生後6から8ヶ月の最初の発情期から受けることが可能となります。 オスの去勢手術は妊娠の防止以外に、無駄吠えが減少したり、性格がおとなしくなったり、 前立腺の病気や肛門周辺や精巣の病気を予防する効果が期待出来ます。


更に、メスが避妊手術を受けた場合のメリットは、やっぱり生理の世話の必要がなくなることです。 そして、妊娠を望んでいない時は妊娠を避けれたり、子宮や卵巣などメスの生殖器に関連する病気を防止することにも 繋がってきます。他に、オス、メスとも同様なのは、発情期にくるストレスがなくなるので 穏やかな生活が可能となり、長生きします。


ですが、こういった手術を受けることでデメリットもあるのです。最初は、当たり前ですが、 「愛らしい子犬が欲しい」と思った時、それは無理なのです。トイプードルはとても可愛いので、 一時したら赤ちゃんが欲しくなることがあるかもしれないのです。


後で手術しなければ良かった。と後悔してしまわないように、手術をする前きちんと考える必要があるのです。 そして、ホルモンバランスが悪くなり、皮膚病にかかってしまったり、肥満になる犬もいて、 手術後の飼育方法として、 こういったことも覚えておかなければなりません。ペットを飼うにはこのくらいの知識を得る努力は必要です。