• トイプードルの基礎知識

    基礎知識を知ってトイプードルを理解する

    「トイプードル」と聞くと、愛らしくマイペースな印象があると思いますが、本当のトイプードルは、 独立心が強くとても活動的な犬なのです。 トイプードルの祖先の「スタンダードプードル」は、前は狩猟犬でハンターで、 優れた能力をもっているのです。狩りの現場は、自己判断が大事なので、独立心を備えるように鍛えられていました。

    なので、飼い主もきちんと主導できる優秀な性格で、しつけを重視した飼育方法をしないと、 備え持った独立心のみが現れ、トイプードルと良好なコミュニケーションが不可能となります。 そして、活発で運動神経が良く、素晴らしい肉体をもつトイプードルは、存分に運動をさせ遊んであげなければいけないので、 飼育方法もそれに伴ったものとなります。

    ですが、愛らしいと甘やかすのではなく、トイプードルが元から持っている能力を引き出し、 のびのびと生活が出来る飼育方法をする必要があります。 しつけをきちんとしなかったトイプードルは、甘噛みしたり無駄吠えしてしまいます。

    なので自分のしつけ方を考えないと、紙癖といった手に負えない症状がでます。 トイプードルは容姿が とても愛らしいので、大体がかわいがり過ぎてしまいます。 ですが、甘やかして飼育することはは、犬にはストレス となります。 犬本来の本質を知り、きちんとした飼育方法を学び、きちんとしつけてください。そうすることがトイプードルと あなたの快適生活の第一歩となるのですよ。可愛い、というだけで犬の好き勝手にさせていては将来的にお互いが困ることになるのです。

    トイプードルの基礎知識
メインコンテンツ

トイレのしつけ方


トイプードルの正しい飼育方法の1つとし、トイレのしつけ方を紹介します。 トイレを置く所は、ケージの中にして置きましょう。いつでもそこでします。犬は知能があまりないので、 体で覚えるように根気よく教えましょう。トイレを失敗してしても、体罰を下したり、 おしっこした所に鼻を無理やり押し付けたりしては逆効果です。 こういったことをしてしまうと、人間に恐怖を感じるだけです。最初は、トイレのタイミングを飼い主が教えなければなりませんす。 このタイミングは、朝起きた時、食事の後、水を飲んだ時となります。その際、ケージの中からトイプードルを出してあげましょう。


その時、体を動かせば、利尿脱糞作用が出てきます。トイプードルはかなり活発な犬なので、呼び戻しが可能になるまで、 トイレへすぐに運べるように、ケージからトイプードルを出す際はぜったいリードを使用しましょう。散歩をしていると、 尿意がわいてくるようです。その際、トイプードルは床の臭いを嗅いだりそわそわし始めたり回ります。 そういった様子が出て来たら、ケージの中へ連れて行きましょう。


更に、トイレに乗せたら、トイレが終わるまで「しーしー」や「チチチチ」と言いながら促してください。 終了した後は褒めなくても良いでしょう。更に、部屋で失敗したとしても強く叱るとダメです。 トイプードルは、叱られた原因がわからず、おしっこした事が悪いことだと思ってしまうことがあるのです。 しつけ方や飼育はどういったことでも、うまくできたことを褒め、失敗を防ぐよう導いてあげることが大事です。


更に、トイレは使用したらすぐに清潔な状態にしましょう。トイプードルも汚れたトイレを嫌うので、 トイレせずに別の所でしてしまいます。更に、トイプードルに何か教える時に、頭に入れておいて欲しいのは “主従関係”の事です。主従関係が出来てないと、何かを教えるとき全く聞かない犬になります。 トイレのしつけ方も大切ですが、犬の本質を理解した姿勢も大事となります。この犬の本質をしっかり理解した上でしつけをしないと 何をしつけようとしてもうまくいかないのです。

トイレのしつけ方